くらし情報『映画『ダンスウィズミー』矢口史靖監督初のミュージカルコメディ、三吉彩花が歌って踊る』

2018年7月28日 06:00

映画『ダンスウィズミー』矢口史靖監督初のミュージカルコメディ、三吉彩花が歌って踊る

映画『ダンスウィズミー』矢口史靖監督初のミュージカルコメディ、三吉彩花が歌って踊る

映画『ダンスウィズミー』が2019年8月16日(金)、全国ロードショー。『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』などを送り出してきた、矢口史靖監督初のハッピーミュージカルコメディ作品だ。

矢口史靖監督初のミュージカルコメディ
監督は、『ウォーターボーイズ』や『ハッピーフライト』、『サバイバルファミリー』の矢口史靖。ミュージカル作品を手掛けるのは今回が初めてだという監督は、当初、突然歌って踊り出すミュージカル映画には抵抗を感じていた。しかし、だからこそ「なぜ急に歌う!?踊る!?」という作品に対する疑問に答える映画を作りたかったという。

そこで思いついたのは、ミュージカルなんか全然したくないのにすることになってしまった女の子の話。一流企業で働くOLが、ある日突然催眠術にかけられてしまい、音楽を聴くといつでもどこでも踊らずに歌わずにいられないカラダになってしまい…という、突飛なようで身近なシチュエーションの物語を生み出したという。

主演は三吉彩花
主人公・鈴木静香を演じるのは、さくら学院の元メンバーで現在はモデルや女優業もこなす三吉彩花。応募者約500人という矢口作品史上最大級のオーディションで、見事主役に抜擢された。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.