くらし情報『映画『駅までの道をおしえて』大切な存在を失った少女と老人の交流がもたらす奇跡』

2019年7月26日 15:00

映画『駅までの道をおしえて』大切な存在を失った少女と老人の交流がもたらす奇跡

映画『駅までの道をおしえて』大切な存在を失った少女と老人の交流がもたらす奇跡

映画『駅までの道をおしえて』が、2019年10月18日(金)より全国で公開される。

その駅は、ひとりぼっちの2人が信じた小さな奇跡
『駅までの道をおしえて』の原作は、伊集院静の同名小説(短編集)。大切な存在を失った少女と喫茶店のマスターは、ひょんなことから出会い、かけがえのない時間を過ごすことになる。心あたたまる交流を通じて、一人の少女の成長を描いていく。

主人公サヤカ(新津ちせ・有村架純)
学校で孤独を感じていたサヤカを癒し、そして秘密の場所を見つけ親友となった愛犬ルーは電車が好きだった。大人たちはルーはもう戻らないというが、それを信じない。そんな時、同じく大切な存在を失った老人・フセと出会う。交流を通して悲しい現実を乗り越えつつ、前へと進んでいく。

少女時代のサヤカを演じるのは、米津玄師プロデュース「パプリカ」を歌う音楽ユニット「Foorin」のメンバー新津ちせ。そして、10年後のサヤカを有村架純が演じ、モノローグを担当する。

老人・フセ(笈田ヨシ)
サヤカの友人となる老人・フセは喫茶店のマスター。彼もまたサヤカ同様に、心に大きな喪失を抱えていた。サヤカが愛犬ルーの死を認めないことを理解した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.