くらし情報『京都市京セラ美術館2020年オープン - 杉本博司の展覧会や伊藤若冲など“京都の美術”を紹介』

2019年9月23日 10:55

京都市京セラ美術館2020年オープン - 杉本博司の展覧会や伊藤若冲など“京都の美術”を紹介

開館記念展「杉本博司 瑠璃の浄土」
新館「東山キューブ」では、「杉本博司 瑠璃の浄土」を2020年3月21日(土)から6月14日(日)まで開催。大型カメラを用いた写真作品を制作するとともに、古今東西の古美術などの蒐集、建築、舞台演出など幅広い創作活動を行う杉本博司の、京都の美術館における初の大規模展となる。世界初公開の大判カラー作品シリーズ「OPTICKS」や、ガラスにまつわる作品、考古遺物などが展示される。

「京都の美術 250年の夢」
本館では、開館記念展として「京都の美術 250年の夢」を、2020年3月21日(土)から12月6日(日)にかけて開催。全国から集めた京都の美術を紹介する、3部構成の大規模な展示となる。江戸後期に活躍した伊藤若冲や与謝蕪村、円山応挙にはじまり、明治から昭和にかけて京都画壇を盛り上げた竹内栖鳳上村松園、小野竹喬、福田平八郎ら、総計400点超の名作を揃える。

また、「THE ドラえもん展 KYOTO 2020」が2020年7月4日(土)から8月30日(日)まで、「ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト」が2020年9月19日(土)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.