くらし情報『京都市京セラ美術館オープン - 杉本博司の展覧会や伊藤若冲など“京都の美術”を紹介』

2019年9月23日 10:55

京都市京セラ美術館オープン - 杉本博司の展覧会や伊藤若冲など“京都の美術”を紹介

京都市京セラ美術館オープン - 杉本博司の展覧会や伊藤若冲など“京都の美術”を紹介

京都市美術館がリニューアルし、京都市京セラ美術館として2020年5月26日(火)に開業。尚、当面の間は入館を京都府在住者に限定し、事前予約制による入館制限・入館者の体温チェックを実施する。

「京都市京セラ美術館」としてリノベーション
リニューアルを手がけたのは、建築家の青木淳と西澤徹夫。新たなコンセプトを掲げ、歴史的美術館建築の、画期的な大規模リノベーションを実施する。

「東山キューブ」現代アートなどに対応
敷地の北東には、現代アートに対応する高機能な最新設備を備えた展示スペース、収蔵庫、バックオフィス、屋上庭園を備えた「東山キューブ」を新設。現代アートのほか、アニメーションやコミック、ファッション、建築、デザインなど、現代の文化芸術シーンを紹介していく。屋上庭園「東山キューブテラス」からは、雄大な東山を眺めることが可能だ。

コレクションルームも新設
また、本館の南回廊1階には、コレクションルームも新設。日本画、洋画、彫刻、版画、工芸、書といった近代以降の京都の美術作品を収蔵する3,600点超のコレクションから、四季に合わせた選りすぐりの作品を展示する。さらに、このコレクションルームでは、年間展示計画を事前に発表。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.