くらし情報『「すみだ水族館」初の大規模リニューアル、約500匹のクラゲを“のぞき込む”長径7mの大水槽が誕生』

2019年12月15日 16:15

「すみだ水族館」初の大規模リニューアル、約500匹のクラゲを“のぞき込む”長径7mの大水槽が誕生

足元をクラゲが横切り、まるで水面を立っているかのような浮遊感を感じることができる。壁面には、クラゲの色や模様の違いなどを見比べられる3つのドラム型水槽も新設。今回のリニューアルにより「すみだ水族館」のクラゲの展示数は、初展示となる「スナイロクラゲ」を含む14種約700匹となる予定だ。

クラゲの飼育作業を全面公開
クラゲの飼育作業を全面公開するオープンスペースは、現在多目的スペースとして利用されている「すみだステージ」エリアを改修して新設。これまで「アクアラボ」で展示・公開していた飼育設備を移設するとともに、新たに“調餌(ちょうじ)”の様子も見学できるエリアにする。

“調餌”とは、水族館の生き物たちの餌を作る作業のこと。ガラス張りのスペースでは、飼育スタッフが実際に“調餌”を行う作業を間近で見ることができる。また、生き物たちに餌を与える時間や館内のリアルタイムな情報を、オープンスペースの中央頭上に設置する直径約10メートルのリング型サイネージから発信していく。ステージ下に新設したカウンターには、大小の水槽を30以上並べ、クラゲの成長過程などの観察を可能に。飼育スタッフがさまざまなクラゲの繁殖や研究に取り組む様子を学んだり、飼育スタッフとの会話を楽しんだりすることもできる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.