くらし情報『立川・プレイ ミュージアムで「エリック・カール 遊ぶための本」展 -「はらぺこあおむし」原画など展示』

2020年6月13日 16:20

立川・プレイ ミュージアムで「エリック・カール 遊ぶための本」展 -「はらぺこあおむし」原画など展示

立川・プレイ ミュージアムで「エリック・カール 遊ぶための本」展 -「はらぺこあおむし」原画など展示

オープン記念 常設展「エリック・カール遊ぶための本」が、2020年6月10日(水)、東京・立川にオープンする美術館「プレイ ミュージアム(PLAY! MUSEUM)」にて開催される。会期は2021年3月28日(日)まで。

“絵本の魔術師”エリック・カール
“絵本の魔術師”と呼ばれ、日本でも人気を集める絵本作家、エリック・カール。絵本『1、2、3 どうぶえんへ』を発表して以来、『はらぺこあおむし』『パパ、お月さまとって!』といった絵本を手がけ、世界中で親しまれてきた。

“おもちゃ”としての絵本
エリック・カールの絵本の特徴は、随所に隠されたユニークな仕かけ。例えば『巨人(ジャイアント)に気をつけろ!』では、ページに描かれた本や壺の蓋がめくれるように仕上げられ、開くと別の絵が現れるというように、まるで“おもちゃ”のように作られている。

「エリック・カール遊ぶための本」では、絵本を“おもちゃ”に見立てるという新しい視点から、エリック・カールの世界を紹介。「くぐる」「きく」といった10の遊び方に分けて、カールが描いた絵本原画を展示する。

くぐる─はらぺこあおむし
「くぐる」では、ベストセラー「はらぺこあおむし」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.