くらし情報『「伊右衛門カフェ」ららぽーと愛知東郷店に愛知県初店舗、福寿園の“宇治抹茶”を使ったデザートなど』

2020年9月17日 11:30

「伊右衛門カフェ」ららぽーと愛知東郷店に愛知県初店舗、福寿園の“宇治抹茶”を使ったデザートなど

「伊右衛門カフェ」ららぽーと愛知東郷店に愛知県初店舗、福寿園の“宇治抹茶”を使ったデザートなど

「伊右衛門カフェ」の愛知県初店舗が、2020年9月14日(月)にオープンを迎える商業施設「ららぽーと愛知東郷店」に出店する。

「伊右衛門カフェ」が愛知県に初登場
愛知県最大規模の商業施設としてオープンする「ららぽーと愛知東郷」。その1階に位置する「伊右衛門カフェ」は、「伊右衛門」飲食ブランドの中でもよりカジュアルに楽しめる店舗として展開されており、同店が国内6店舗目、愛知県初出店となる。店内では、食事とドリンク各種を用意し、それらメニューは、テイクアウトも可能となっている。

「どんぶり」を中心とした食事メニュー
食事メニューは、五分づき米にたんぱく質豊富な肉や魚、野菜など約10品目の食材をトッピングした「どんぶり」メニューを中心としたラインナップ。五分づき米は、玄米と変わらない栄養分を備えつつ、玄米が苦手な方でも食べやすいという魅力たっぷりの食材だ。彩り豊かなどんぶりは、その見た目からも食欲をそそる。

「福寿園」の宇治抹茶を使用したデザート
京都の老舗茶舗「福寿園」の香り高い宇治抹茶を使用したスイーツは、食後のデザートとしても、ショッピングタイムの合間の一息にもぴったり。ソフトクリームや、5種の「抹茶パフェ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.