くらし情報『エスパス ルイ・ヴィトン大阪の展覧会、戦後アメリカの抽象表現絵画&ミニマリズム彫刻を紹介』

2021年1月25日 18:45

エスパス ルイ・ヴィトン大阪の展覧会、戦後アメリカの抽象表現絵画&ミニマリズム彫刻を紹介

エスパス ルイ・ヴィトン大阪の展覧会、戦後アメリカの抽象表現絵画&ミニマリズム彫刻を紹介

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)が展開するエスパス ルイ・ヴィトン大阪では、展覧会「Fragments of a landscape(ある風景の断片)」を、2021年2月10日(水)から7月4日(日)まで開催する。

戦後アメリカを代表するアーティスト2人を紹介
ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋内のエスパス ルイ・ヴィトン大阪のオープンに合わせて開催される「Fragments of a landscape(ある風景の断片)」展では、戦後アメリカを代表する2人のアーティスト、ジョアン・ミッチェルとカール・アンドレの2人を紹介する。

抽象表現主義の旗手ジョアン・ミッチェル
ジョアン・ミッチェルは、戦後アメリカを象徴する美術動向・抽象表現主義の画家として活躍。本展では《Cypress》など、画面全体を絵具で均質に覆う“オールオーバー”の抽象絵画を目にすることができる。

ミニマル・アートを牽引した彫刻家カール・アンドレ
一方でカール・アンドレは、1970年代初頭、表現要素をそぎ落とすことを特徴とするミニマル・アートを牽引した彫刻家だ。会場では、木のブロックを反復することで構成された《Draco》といった、空間や鑑賞者の知覚へと介入してゆくアンドレの彫刻作品を展示する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.