くらし情報『「忍たまのコスプレをさせたくて」 衣装を作れない親が取った『手段』に反響!』

2022年5月19日 19:08

「忍たまのコスプレをさせたくて」 衣装を作れない親が取った『手段』に反響!

「忍たまのコスプレをさせたくて」 衣装を作れない親が取った『手段』に反響!

我が子にかわいい衣装を着せたくなるのは、親の性(さが)なのでしょうか。

母親である、つ(@tsu_ma_ma)さんは、子供がまだ赤ちゃんだった頃に、アニメ『忍たま乱太郎』(NHK)のコスプレをさせたくなったといいます。

『忍たま乱太郎』に登場する、忍術学園の生徒たちが来ているのは、和服な制服。

しかし、「自分で裁縫をすることは無理」とあきらめ、別の方法で想いを遂げていたのでした。

「忍たまのコスプレをさせたくて」 衣装を作れない親が取った『手段』に反響!

忍術学園の1年生が着る制服を、紙を切り抜いて再現。

赤ちゃんと距離を取り、制服を重ねて撮ることで、コスプレしているような写真ができました!

つさんの工夫は好評で、「ナイスな創意工夫!発想が天才!」「お子さんにとても似合っています」などのコメントが殺到しました。

つさんのように、子供に『忍たま乱太郎』の衣装を着せたい親たちの想いは、天に届いていたのかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.