くらし情報『待合室でアンパンマンを観ていたら? 小児科での出来事に「これが平和ってやつか」』

待合室でアンパンマンを観ていたら? 小児科での出来事に「これが平和ってやつか」

※写真はイメージ

幼い子供は、目の前のことに全力になりやすいものです。

1つのことに夢中になると、ほかの物事はどうでもよくなってしまうでしょう。

5歳の子供を育てる、おしそ(@_______aona)さんは、小児科で見かけたある子供のエピソードをX(Twitter)に投稿しました。

小児科で見かけた子供が…?

投稿者さんが我が子の診察のために、小児科へ行った日のこと。

待合室にあるテレビの画面に、アニメ『それいけ!アンパンマン(以下、アンパンマン)』(日本テレビ系)の映像が流れていたといいます。

『アンパンマン』は、幼い子供たちにとって、見逃せない名作でしょう。

投稿者さんが待合室で診察待ちをしていると、ある1人の子供が、食い入るような目で『アンパンマン』を観ていました。

診察のためか、その子供の名前が呼ばれた、次の瞬間。
子供は、次のように叫んだのです。

「ちょっと待って、この後バイキンマンが優しくなるやつだから!」

子供の写真

※写真はイメージ

診察の順番が回ってきてもなお『アンパンマン』を観ることに全力投球しようとするのは、幼い子供ならではの集中力…!

この時流れていた『アンパンマン』は、主人公のアンパンマンに敵対しているバイキンマンの優しい一面が描かれる、普段以上に展開が熱い、いわゆる『神回』でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.