くらし情報『大和田獏「残された家族の願い」 岡江久美子の遺骨を手にし、語った思いとは』

2020年4月24日 19:15

大和田獏「残された家族の願い」 岡江久美子の遺骨を手にし、語った思いとは

大和田獏「残された家族の願い」 岡江久美子の遺骨を手にし、語った思いとは

岡江久美子さんが、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)による肺炎で亡くなったことが報じられた2020年4月23日。

63歳という早すぎる死は、多くの人に衝撃を与え「悲しすぎる」「言葉が出ない」といった声が寄せられています。

夫・大和田獏「それが残された家族の願い」

岡江さんの死から一夜明けた翌24日、岡江さんの遺骨を受け取った大和田さんが、自宅前で取材に応じました。

取材では「残された家族の願い」として、ある思いを口にしています。

「久美子は今、帰ってまいりました。こんな形の帰宅は本当に残念で、悔しくて、悲しいです」と悲痛な思いを吐露した。続けて、「どうか皆さんもくれぐれもお気を付けください。それが残された家族の願いです。ご苦労様でした。ありがとうございました」と話した。

サンケイスポーツーより引用

岡江さんがコロナウイルス陽性であることが分かった6日から亡くなるまでの17日間、面会することも、最期を看取ることもできなかったという大和田さん。

憔悴しきった様子で口にしたのは「みなさんもくれぐれもお気を付けください」という願いでした。

大切な家族の最期を見送ることができないのは、想像を絶するつらさでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.