くらし情報『「嘘じゃん」「バーカ」 授業で馬鹿にされた男の子、その後の展開に「泣いた」』

2020年5月29日 13:48

「嘘じゃん」「バーカ」 授業で馬鹿にされた男の子、その後の展開に「泣いた」

「嘘じゃん」「バーカ」 授業で馬鹿にされた男の子、その後の展開に「泣いた」

みなさんは、家族や友人などにかけられた、忘れられない言葉はありますか。

Twitterでは、漫画家の仲曽良ハミ(@nakasorahami)さんの投稿が話題となっています。

「嘘じゃん」「バーカ」 授業で馬鹿にされた男の子、その後の展開に「泣いた」
「嘘じゃん」「バーカ」 授業で馬鹿にされた男の子、その後の展開に「泣いた」
「嘘じゃん」「バーカ」 授業で馬鹿にされた男の子、その後の展開に「泣いた」
「嘘じゃん」「バーカ」 授業で馬鹿にされた男の子、その後の展開に「泣いた」

空にはなかった雲を描いたことで、友達に「嘘だ」といわれてしまった仲曽良さん。

しかし、母は「いいじゃない、どっしりしててこの雲なら乗れそう!」といってくれました。

仲曽良さんをなぐさめるために発した言葉ではなく、母親の純粋な感想だったからこそ、なおさら嬉しかったでしょうね。

投稿には、このようなコメントが寄せられています。

・僕も、白い船を灰色で描き友達に馬鹿にされましたが、母は「いいわねぇ。一生懸命働いた船なのね」といってくれました。たったひと言で救われますね。

・何度読んでもこの話好き。

・私も、娘にとってこんな母親になりたいです。

仲曽良さんの母親も、この何気ないひと言が仲曽良さんにとってかけがえのない言葉になるとは思ってもみなかったでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.