くらし情報『カズレーザー、緊急事態宣言に持論を展開 ネット上では「的を射ている」の声』

2021年1月8日 13:49

カズレーザー、緊急事態宣言に持論を展開 ネット上では「的を射ている」の声

カズレーザー、緊急事態宣言に持論を展開 ネット上では「的を射ている」の声

2021年1月7日に、1都3県に非常事態宣言が発令されました。期間は、同月8日から2月7日までの1か月です。

これにより、飲食店は午後8時までの時短営業、酒類の提供は午後7時までに短縮。また『協力金』は1日あたり4~6万円支給される予定です。

同月8日に放送された、情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)に出演したお笑いコンビ『メイプル超合金』のカズレーザーさん。

これまでもさまざまなニュースにおいて、問題の核心を突くコメントを発してきました。

カズレーザーさんに関する記事はこちら

同日放送された番組内での発言に、改めて注目が集まっています。

カズレーザー「大きい額が動く店だったら営業を継続しちゃう」

今回の緊急事態宣言によって、時短営業をしても協力金が支払われる主な対象は飲食店。

スポーツクラブやボーリング場、遊園地などは協力を呼びかけるものの協力金は支給されません。

また、ネットカフェについては休業要請をしないといいます。

2020年4月に発令された緊急事態宣言とは違う、今回の要請にカズレーザーさんはこのように見解を示しました。

ネットカフェであったりとか、そこを生活の拠点にされている方もいらっしゃったりもしますし一律、「じゃあやめてくれ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.