くらし情報『「電車で泣いた」「本当にありがとう」 羽生結弦の『言葉』に感謝の声』

2021年3月11日 13:12

「電車で泣いた」「本当にありがとう」 羽生結弦の『言葉』に感謝の声

「電車で泣いた」「本当にありがとう」 羽生結弦の『言葉』に感謝の声

2021年3月11日で、東日本大震災発生から10年が経ちます。

この地震に見舞われ被災をした一人、フィギュアスケーターの羽生結弦選手。

同日サンケイスポーツは、羽生選手が被災した人々へ向けてつづった『メッセージ』を公開しました。

羽生結弦「でも、やっぱりいわせてください」

震災から10年を経てもなお、故郷へ戻ることができない人や行方が分からない人も多くいます。

仙台市の自宅が全壊し、自身も避難生活を経験したという羽生選手。

さまざまな心の傷を負いながら、日々生きる人たちへこのようなメッセージを贈っています。

最近は、あの日がなかったらとは思わないようになりました。それだけ、今までいろんなことを経験して、積み上げてこれたと思っています。

そう考えると、あの日から、たくさんの時間が経ったのだなと、実感します。

こんな僕でもこうやって感じられるので、きっと皆さんは、想像を遥かに超えるほど、頑張ってきたのだと、頑張ったのだと思います。すごいなぁと、感動します。

数えきれない悲しみと苦しみを、乗り越えてこられたのだと思います。

(中略)

本当に、10年間、お疲れ様でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.