くらし情報『矢沢あい 休載中に語った極秘闘病生活【平成ベストスクープ】』

2019年5月24日 16:00

矢沢あい 休載中に語った極秘闘病生活【平成ベストスクープ】

矢沢あい 休載中に語った極秘闘病生活【平成ベストスクープ】


激動の平成が終わりを告げてからまもなく1カ月。30年の間、本誌は時代を彩った驚きの現場を多数目撃してきた。そのなかでも特に反響の大きかったスクープを改めてお届けしたい。

『天使なんかじゃない』など数々の名作を生み出し、女性から圧倒的な支持を集めるマンガ家・矢沢あいさん(52)。しかし病に倒れ、大人気マンガ『NANA』の休載を発表してから10年が経とうとしている。今も闘病を続ける彼女が本誌に語った、ファンへのメッセージとは(以下、2010年5月4日号掲載記事)

花冷えが厳しかった10年4月上旬、東京都心の大病院前でタクシーを降りる女性に目が留まった。辛そうな様子でタクシーを降り、やっとといった様子で歩いている彼女は人気マンガ『NANA』の作者・矢沢あいさん(当時43)だ。

プライベートが全くというほど伝えられていない矢沢さんだが、本誌は05年に東京郊外にある自宅で独占インタビューを行った。彼女は老猫をあやしながら、18歳からの長い付き合いになる同居恋人と二人三脚で、マンガを描き続けてきた半生をざっくばらんに話してくれた。彼女は好奇心いっぱいに瞳を輝かせ、記者を逆取材したものだった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.