くらし情報『夜回り先生に心配の声 闘病中も年ホテル300泊で奮闘続けた』

2019年8月23日 11:00

夜回り先生に心配の声 闘病中も年ホテル300泊で奮闘続けた

夜回り先生に心配の声 闘病中も年ホテル300泊で奮闘続けた


夜回り先生こと水谷修氏(63)が8月21日、「さようなら、哀しい」とブログに投稿した。繁華街に自ら出向き、子供たちと向き合ってきた水谷。ネットでは心配する声が上がっている。

同日、「さようなら。哀しいけどさようなら。もう、疲れました」と明かし「これで、このホームページは閉じます。さようなら」とブログにつづった水谷。続けて「さようなら、哀しい」というタイトルの別記事をアップし、こう記している。

「私に相談している人の何人が私の本を読んでくれているのか。誰かから聞いて私に相談。でも、それは哀しい。ただひたすら続く何百本の日々の相談。私の本を読んでくれればそこに答えが。疲れました」

水谷は05年10月、本誌に登場し多忙な日々について語っていた。「呼ばれたらどこへでも行きます。今も年間ホテルに300泊していますから」と話すだけでなく、胸腺リンパ腫で体が痛むとも明かしていた。しかし「待ってる人がいる」ということが自身のエネルギーであると語っていた。

また15年12月、「サンデー毎日」に登場した際にはガンで腸を2回、胃を3回切ったと告白。しかし「これでまた2年ぐらいは大丈夫だろう」と意気込んでいた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.