くらし情報『田中圭イクメン秘話に驚きの声 現場同伴で長女ドラマデビュー』

2020年1月16日 20:11

田中圭イクメン秘話に驚きの声 現場同伴で長女ドラマデビュー

田中圭イクメン秘話に驚きの声 現場同伴で長女ドラマデビュー


俳優の田中圭(35)が、1月15日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演した。田中が番組内で披露した長女とのエピソードに注目が集まっている。

田中がテレビ出演していることについて、2歳ごろから気づき始めたという長女。田中の職業に興味を持ち、「なんでパピ(お父さん)だけテレビの中にいるの?私も出たい」とせがまれたという。

そんな長女の願いを叶えるため、田中は当時出演していた『Doctor-X 外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)の撮影現場に連れていったと告白。幼稚園のシーンで、長女をエキストラとして出演させてあげたと明かした。

しかし、芝居をあまり理解していなかった長女は「もうお仕事はこりごり。テレビはいい」と挫折したという。

このエピソードに視聴者から驚きの声が広がっている。

《え、娘さん出てたのかすごいドラマデビューだな》
《田中圭の娘があの国民的大ヒットドラマのドクターXでドラマデビュー果たしてるのやばいwwwwwwww》
《田中圭の娘がドクターXにエキストラで出てたとかビックリ!確かに幼稚園のシーンあったね! どの子かなぁ~??》

田中といえば、11年に元タレントの女性と結婚。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.