くらし情報『「60度のお湯でウイルス死滅」…SNS脅かす“コロナデマ”』

2020年2月13日 06:00

「60度のお湯でウイルス死滅」…SNS脅かす“コロナデマ”

「60度のお湯でウイルス死滅」…SNS脅かす“コロナデマ”


《武漢からの発熱症状のある旅客が、関西国際空港の検疫検査を振り切って逃げた》

この情報はツイッターで1月23日に投稿され、瞬く間に拡散された。しかし、メディアが行政や空港に取材したところ、まったくの“デマ”だったのだ。

あたかも新しく感染患者が確認されたかのようなデマが、よけいに恐怖をあおっている。

「『漂白剤を飲めば治る』『60度の湯を浴びたらウイルスが死ぬ』など、実行すると命に関わるデマまで横行しているのが現状です。デマを発信するのはもちろん、拡散するだけでも、誰かをリスクにさらすことになる。こういうときこそ、“誰が”その情報を発信しているかを確認することが重要です」

そう警鐘を鳴らすのは、SNSに流れる膨大な投稿を分析しているJX通信社・代表取締役の米重克洋さんだ。

たとえば、《ついに●●県で感染者が出たってよ!》というツイートを見たとする。

「『~らしい』『~だそうだ』など、伝聞口調の投稿を見たら、自分で検索してみてください。厚生労働省や内閣官房、国立感染症研究所、あるいは自治体や報道媒体などがホームページ上で同様の情報を発信していなければ、デマである可能性が高いです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.