くらし情報『適切な介護認定受けるには? かかりつけ医の意見書が強力!』

2020年5月21日 06:00

適切な介護認定受けるには? かかりつけ医の意見書が強力!

適切な介護認定受けるには? かかりつけ医の意見書が強力!


「公的介護保険は本来、あまねく提供される社会保障として『平等に受けられる』というのが基本的な考えのはずです。医療は、保険証があればだれでも受診できますが、介護保険サービスは、要支援や要介護に認定されなければ利用できません。公的サービスを受けるための大事な“入り口”である介護認定に、大きな地域差が出るのは、望ましいことではないと思います」

厚生労働省のデータをもとに編集部が作成した介護認定率の全国ランキング(※)を見て、こう分析するのは、介護施設のコンサルタントを請け負う「スターパートナーズ」代表の齋藤直路さんだ。

介護度は、要支援1〜2、要介護1〜5の7段階に分けられており、それぞれ利用できるサービス内容や利用上限額が変わってくる。ランキングは都道府県別に65歳以上の高齢者に占める要支援・要介護者数の割合で介護認定率を算出した。上位3県と下位3県は次のとおり。

■上位3県

【1位】和歌山県/介護認定率:21.8%
【2位】大阪府/介護認定率:21.7%
【3位】愛媛県/介護認定率:20.8%

■下位3県

【45位】山梨県/介護認定率:15.7%
【46位】茨城県/介護認定率:15.4%
【47位】埼玉県/介護認定率:15.3%

その結果、介護認定率がもっとも高い和歌山県と、最も低い埼玉県では6.5%、約1.4倍もの地域差が生じる結果となった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.