くらし情報『不仲だったけど27年…渡部の代役担う児嶋一哉にエール相次ぐ』

2020年6月11日 22:12

不仲だったけど27年…渡部の代役担う児嶋一哉にエール相次ぐ

『爆笑オンエアバトル』(NHK総合)や『エンタの神様』(日本テレビ系)に出演し、会話が噛み合わないままエスカレートしていく“すれ違いコント”でブレイクしたアンジャッシュ。2000年代を代表する「コント芸人」として、お笑いブームを牽引してきた。

最近では、単独での活動も盛んだった。渡部は持ち前の食通を活かし、グルメ番組や有料オンラインサロンなどで「いい店選び」を指南。いっぽう児嶋も“いじられキャラ”として、数々のバラエティ番組で引っ張りだこになっていた。

わざと違う名前で呼ばれて「児嶋だよ!」と言い返すギャグは、お茶の間にも広く浸透。08年に出演した映画『トウキョウソナタ』を機に演技力を評価され、俳優としても話題作に抜擢され続けている。

一時は“不仲説”も囁かれていたが、今年で結成27年となるコンビの絆は強いという――。

「もともと児嶋さんがお笑い養成所でピン芸人として活動していました。コンビを組むにあたって、高校の同級生だった渡部さんを誘ったそうです。高校時代は仲良かったわけでもなく、渡部さんはバラエティ番組で児嶋さんとは『仲悪い』とも告白。ですが、“すれ違いコント”のように言い争う芸は『距離感があるからできる』とポジティブに捉えていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.