くらし情報『“福名”に注目!「サマージャンボ」強い売り場の3条件』

2020年7月26日 11:00

“福名”に注目!「サマージャンボ」強い売り場の3条件

池袋東口西武線駅構内売場(東京都)

池袋東口西武線駅構内売場(東京都)



「1等に当せんしたのは、80代くらいの男性。自転車で売り場に来て、当せん確認をしたら、大当たり。販売員が『当たってますよ』と告げたら『こうしてる場合じゃない!』と猛スピードで自転車をこいで帰っていかれました。無事、家にたどり着けたか、いまも気になります」

そう話すのは、’15年サマーで7億円が出た北海道苫小牧市「福士駐車場」の店主・福士徳彦さん。この売り場は、なんとしても億をここから出したいと、神社を模した売り場を建てたことで、地元では“大福神社”の愛称で親しまれてきた。その売り場から出た初めての億だった。

今年も1等・前後賞含め7億円のサマージャンボ宝くじが発売になった。新型コロナウイルス感染予防の県外移動の自粛要請は解除されたが、まだまだ県外に行くのはためらわれる人も多いだろう。そこで、今回、本誌は過去15年間のサマー1等当せん売り場データを入手。そのデータをもとに、サマーに強い売り場の特徴を分析していこう。

【1】福名販売員のいる売り場が強い

前出の「福士駐車場」の福士徳彦さんは“福名おじさん”の愛称を持つ。また東京都「池袋東口西武線駅構内売場」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.