くらし情報『今井絵理子議員 最年少スピード出世も「実績は?」と疑問続出』

2020年10月8日 13:15

今井絵理子議員 最年少スピード出世も「実績は?」と疑問続出

(社会部記者)

新内閣が発足するやいなや、新たな役職が次々と与えられる今井氏。世間からは《実績は?》《功績とやらが見えてこない…》など、疑問の声が広がっている。

いっぽう17年7月、橋本健元神戸市議との不倫疑惑が報じられた今井氏。いまだ不倫騒動でのイメージダウンは、払拭し切れていないという。

「当時、今井氏の『一線は超えていない』といった釈明は物議を醸しました。その後、既婚者だった橋本氏は妻と離婚。さらに彼は政務活動費の架空請求が判明し、詐欺罪で起訴されました。今井氏は不倫を否定したものの、ブログで交際宣言。その後も淡々と活動を続けていますが、イメージ回復には至ってないようです」(前出・社会部記者)

不祥事が発覚後、イメージを回復できるほどの大きな成果はあったのだろうか。

「今井氏の活動は、講演会や意見交換会、応援演説が主のようです。得意の手話を生かした会話や通訳は、好評だといいます。ただ防災担当の政務官だった彼女は、昨年9月に台風15号で甚大な被害にあった千葉県内を視察。災害対策や危機管理を考える立場であるにもかかわらず、台風被害から1週間以上経っての到着でした。そして『現場の声を聞くのは大事だと思った』とコメントし、その発言の軽さに現地の住民も呆れ顔だったといいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.