くらし情報『蛭子能収のゆるゆる人生相談「感謝をしない夫の世話をしたくない」』

2021年3月29日 15:50

蛭子能収のゆるゆる人生相談「感謝をしない夫の世話をしたくない」

蛭子能収のゆるゆる人生相談「感謝をしない夫の世話をしたくない」


大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)も発売中の“世界一ゆるい70代”となった蛭子能収さん(73)が、読者からの相談に答える!

昨年7月、蛭子さんは、『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京系)で、アルツハイマー病とレビー小体病を併発している初期の認知症であることを公表した。

【Q】「腎臓を患い、透析をしている夫。病気や治療が大変だろうけど、自己中で感謝の一言もない。『ありがとう』でも言ってくれたらいいのに。もう夫の世話をしたくありません」(郡山こりゃまさん・54・主婦・福島県)

【A】「『ありがとう』を口癖にして言い続ければ、いつか気持ちは伝わる」(蛭子能収)

どうしたらいいんやろ……(マネージャー〈以下、マ〉「蛭子さんも昔は『ありがとう』とは言わなかったですよ」)そうやった。でも、認知症になってから「ありがとう」と自然に言うように……どうしたんやっけ?

(マ「奥さんが『ありがとうは?』とずっと言い続けたことも大きいと思います」)じゃあ、夫に「『ありがとう』と言ってください」と言い続ければいいと思いますよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.