くらし情報『専門家提言「コロナ時代の帰省、孫訪問トラブルを防ぐ新マナー」』

2021年10月15日 06:00

専門家提言「コロナ時代の帰省、孫訪問トラブルを防ぐ新マナー」

お盆の東京駅の様子。年末にはよりいっそうの人出が予想される(写真:共同通信)

お盆の東京駅の様子。年末にはよりいっそうの人出が予想される(写真:共同通信)



緊急事態宣言が明けた今、実家への帰省や孫訪問を再開する人が増えている。だが、「そのことが新たなトラブルやあつれきを生んでいる」と言うのは、夫婦問題や家族問題についてのコンサルタントをしている寺門美和子さんだ。

「ワクチン一つとっても、夫妻で考え方が違い、家庭内分断が起きているほど。そこに新たな家族が加われば、いっそう複雑化します。ひさびさの一家だんらん。安心して、楽しく過ごすためにも、互いに配慮が必要なのです」

そこで、コロナ時代の帰省・孫訪問トラブルを防ぐ“新マナー”を専門家が提案。

【移動前にPCR検査を受ける】

PCR検査は、症状がなければ全額自費のため2万〜3万円かかる。だが、ナビタスクリニックの医師・山本佳奈さんはこう語る。

「高額ではありますが、安心して家族と過ごすためです。一方、抗体検査は安価ですが、感染していても一定程度のウイルス量が増えていなければ反応しないため、精度が高いとはいえません。検査の結果、陽性であれば、迷わず移動は控えましょう」

また、感染者が少なくなったとはいえ、いつ、どこで感染するかわからない状況は続いている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.