くらし情報『「80年代のぶりっ子はナチュラル」さとう珠緒が“あざとい系女子”の計算高さを指摘』

2021年10月25日 06:00

「80年代のぶりっ子はナチュラル」さとう珠緒が“あざとい系女子”の計算高さを指摘

だったという。

「アルフィーの高見沢(俊彦)さんが作った名曲。それまで夏の太陽みたいな明るい歌が多かったのが、秋冬のしっとりした大人な感じになって。歌の内容も、あみんの『待つわ』(’82年)ほど重すぎず、ちょうど“いい感じ”で共感できる、せつない片思いなんです」

当時は、大好きなテレビの中で活躍するアイドルと、一緒に仕事をすることになるとは、思いもしていなかったと、さとうさん。

「“金八先生”の第2シリーズに出演していた伊藤つかささんとは、何度か舞台をご一緒させていただいているんですが、地方公演でホテルに泊まると、支配人みたいな偉い人が『サインをください』と、つかささんの2枚組のLPを持ってきたりするんです。あくまでも私の想像ですが、とにかくつかささんのファンは、出世していて、ちゃんとした人が多い。瞳が澄んでいて、魂が浄化されているような人だから、根強いファンが多いのかもしれませんね」

最後に48歳になったいまも「プンプン」ポーズで貫く“ぶりっ子”路線について――。

「よく“あざとい”と比較されますが、あちらにはどうしても計算高さを感じます。’80年代の“ぶりっ子”はもっとナチュラルで純粋なんです!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.