くらし情報『ヒロミ ドタキャン客への批判に賛同の声「もっと言って!」』

ヒロミ ドタキャン客への批判に賛同の声「もっと言って!」

2018年3月5日 20:00
 

関連リンク

・知英、初の映画主題歌に感慨「今までとは違って役になって歌えた」
・高畑充希、ジャニーズWEST・小瀧とのキスシーン「長身に助けられた」
・オードリー若林、内村光良からの言葉に「初めて大丈夫と思ったね」
image


ヒロミ(53)が3月4日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。社会的な問題となっている飲食店での“ドタキャン”問題について厳しいコメントをした。

同番組には、焼肉店を経営している貴闘力忠茂(50)も出演。3日前にも「ドタキャンはあった」そうで、「40人の貸し切り予約がキャンセルされた上に、連絡をとると逆ギレして電話を切られた」と明かした。被害はその額20万円だという。

貴闘力の話を受け、「うちもありますよ」と告白したヒロミ。経営しているジムでは当日キャンセルの場合、料金を徴収すると利用者にも伝えてあるそうだ。しかし「実際には取れない。体調が悪いと言われたら、“お大事に”ってなっちゃう」とシビアな現状を明かした。

ドタキャン問題の元凶は「お客様は神さまです」という日本独自の考え方にあると、ヒロミは語った。

「こっち(サービスする側)もそうは思っているけど、だからといって、お前が神様なんじゃねえよって」

さらに平気でドタキャンするひとたちの傲慢な態度は、「店側を見下しているから」と持論を展開した。

「『金払ってんだからいいじゃないか』って、お前から上から来るなよってっていうのは正直ある。そこを履き違えているというか」

貴闘力も「よく言ってくれました」としきりに頷いていたが、Twitterでもヒロミの意見に賛同する声が上がっている。

ヒロミさんの「お前が神さまじゃねぇ」発言気持ちがいい》

《もっと言ってくれー!お客様は神さまじゃない人間だー》

ヒロミさんズバズバ言うところがまたいいね〜見てられる》

相次ぐドタキャン被害だが、全日本飲食店協会を中心に防止策が先月19日から稼働している。「ドタキャン防止システム」と呼ばれるもので、いわゆるドタキャンの“ブラックリスト”。過去にドタキャン歴がある者の電話番号を登録していき、ドタキャン常習者かどうかを会員同士で相互にチェックする仕組みだ。 

同協会の関良祐理事長は「約20の店のデータが出発点」と先月15日のインタビューで明かしているが……。今後も動向を見守りたい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.