くらし情報『おとな向け映画ガイド オススメはこの3作品と新文芸坐の鈴木英夫監督特集。』

2019年9月16日 00:00

おとな向け映画ガイド オススメはこの3作品と新文芸坐の鈴木英夫監督特集。

イラストレーション:高松啓二


おとな向け映画ガイド

オススメはこの3作品と新文芸坐の鈴木英夫監督特集。

ぴあ編集部 坂口英明
19/9/16(月)

おとな向け映画ガイド オススメはこの3作品と新文芸坐の鈴木英夫監督特集。

イラストレーション:高松啓二
今週末に公開の作品は21本。とても多い週です。全国100スクリーン以上で拡大上映される『アド・アストラ』『HELLO WORLD』『アナベル 死霊博物館』の3本と、ミニシアターや一部シネコンなどで上映される18本です。この中から、おとなの映画ファンにオススメしたい作品をご紹介します。

『アド・アストラ』

やっぱり、こういう映画は、映画館の大画面で観ると最高です。ブラッド・ピット主演・製作のSF大作です。『スター・ウォーズ』を始めとしたスペースオペラや、ホラーの味付けをしたものとは異なり、科学的なリサーチを徹底し、リアリティを重視した作品です。とはいえ、エンタテインメントとして、面白いストーリー、わくわくする展開、ちょっと考えさせられる内容もほしい。そういう期待にも充分答えてくれます。

近未来。地球上で大規模火災や事故が頻発。海王星周辺から発信される電流が原因とわかります。この時代は、月はもちろん、太陽系で人間の移動があたりまえになっているのですが、海王星はさすがに遠く、謎めいています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.