くらし情報『『真実』はフランスを代表する女優陣と是枝演出の化学変化に注目』

2019年10月13日 00:00

『真実』はフランスを代表する女優陣と是枝演出の化学変化に注目

『真実』 (C)2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA / photo L. Champoussin (C)3B-分福-Mi Movies-FR3

(C)2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA / photo L. Champoussin (C)3B-分福-Mi Movies-FR3



『万引き家族』で第71回カンヌ国際映画祭・最高賞パルム・ドールを受賞した是枝裕和監督。その次作となったのは、カトリーヌ・ドヌーヴジュリエット・ビノシュイーサン・ホークらをキャストに迎えた『真実』だ。パリを舞台にした本作は、実際に監督自身がフランスに渡り、海外のスタッフとともに手がけている。

ドヌーヴが演じるのは、自身のイメージに近い大女優ファビエンヌ。物語は、自伝『真実』の出版を控えたファビエンヌのもとに、ビノシュ演じる娘と、ホーク演じる、その夫がアメリカからやってくるという状況が描かれる。だが、自伝出版を祝うために来た娘は、その自伝に“真実”が書かれていないと主張。それを発端に、長年わだかまっていた家族たちの想いと軋轢とが表面化していく。

ドヌーヴ、ビノシュといえば、それぞれの世代でフランスを代表する俳優。そのふたりが母娘を演じ、さらに是枝演出と混じることでどのような化学変化が起きるかが、本作の大きな注目ポイントだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.