くらし情報『プロ18年目にして成長を止めらない家長、記録的Vにもさらなる高みを目指す川崎F』

2021年3月3日 07:00

プロ18年目にして成長を止めらない家長、記録的Vにもさらなる高みを目指す川崎F

(写真左より)脇坂泰斗(川崎フロンターレ)、家長昭博(同) (c)J.LEGUE

(c)J.LEGUE



「個人としては楽しんでサッカーをやりたいのが一番。ケガなく楽しみたい」

開幕戦で2ゴールを奪った川崎フロンターレの家長昭博は今季の目標についてこのように言った。一見するとクールなレフティらしいシンプルな言葉だが、じつはこの目標なかなかハードルが高い。冒頭のセリフの後には、「チームとしては期待に応えて優勝できるようにがんばりたい」と続けている。

今季35歳を迎える家長だが、いまだにボールを蹴る喜びを失ってはいない。だからと言って、ただサッカーができればいいというわけではない。もちろん試合に勝利するだけでは満足できない。攻守に相手を圧倒した上で自らもイメージ通りのプレーを実践し、完勝する……だけでもまだ足りない。シーズンを通して、自身もチームも自分たちのサッカーを貫き、タイトルを手繰り寄せて初めて個人とチームの目標を達成できるのだ。

家長はこの日、「2ゴールはでき過ぎだと思う。そのほかのプレーは至って普通だったが、点を取れて勝てたことはよかった」とも口にしている。家長の自己評価がとてつもなく厳しいことが窺い知れるだろう。

プロ18年目にして成長を止めらない家長、記録的Vにもさらなる高みを目指す川崎F

家長昭博(川崎フロンターレ)(c)J.LEGUE
2月26日、横浜F・マリノスとの『明治安田生命J1リーグ』開幕戦で見せた家長のゴールシーンは圧巻だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.