くらし情報『世界50以上の映画祭で高評価。『第三夫人と髪飾り』監督が語る』

2019年10月10日 12:00

世界50以上の映画祭で高評価。『第三夫人と髪飾り』監督が語る

『第三夫人と髪飾り』 (C)copyright Mayfair Pictures.

(C)copyright Mayfair Pictures.



トロント、シカゴなど世界各地の映画祭で上映され、高評価を獲得した映画『第三夫人と髪飾り』が11日(金)から公開になる。本作は、一夫多妻制が残る19世紀の北ベトナムを舞台に、14歳で“第三夫人”として大富豪の家にやってきた女性のドラマを描いた作品だが、脚本と監督を手がけたアッシュメイファは「どの国で上映しても“これは私の家族の物語だ”と言ってくださる観客がいます」と語る。

本作は、14歳の女性メイが絹で莫大な富を築いた家に嫁いでくる場面から始まる。当時の北ベトナムでは、ひとりの男性が複数の女性と婚姻関係を結ぶことが許されており、彼女たちは同じ家で暮らしながら“世継ぎ=男の子を産むこと”を期待されていた。まだ幼いメイは、凛としたたたずまいがありながらも穏やかな第一夫人、美しく謎めいた魅力のある第二夫人たちと暮らしながらさまざまな出会いと別れを経験していく。

アッシュメイファ監督はベトナムで生まれ、ニューヨーク大学に渡って映画制作を学んだ新鋭で、自分の曾祖母(ひいおばあさん)の実体験を基にした本作で長編デビューを飾るべく、数年をかけて調査・聞き取りを行いながら脚本を執筆し、資金調達のために奔走したという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.