くらし情報『鈴木亮平『ひとよ』インタビュー「どこかでつながっているのが家族なのかもしれない」』

2019年11月11日 08:00

鈴木亮平『ひとよ』インタビュー「どこかでつながっているのが家族なのかもしれない」

鈴木亮平『ひとよ』インタビュー「どこかでつながっているのが家族なのかもしれない」


大樹という役に対して、誠実に取り組んでいることが伺えるエピソードだ。兄妹のなかで、いち早く“家族”を作った大樹だが、それは“復讐”だという鈴木。

「僕の中で、あれは、親父への復讐なんですよね。“自分は父親とは違う”という証明をしたくて。だからこそ、早く結婚して幸せな家庭を作りたかった。だけど、何が“幸せな家庭”なんて知らないから、上手く行かないんです。今でも父親を強烈に意識して生きている。おそらくは3人の子どもの中で1番。悲しいですよね」

観る者の家族観に訴えかけてくるような本作。様々な立場によって、印象が変わってくる作品だ。

「僕の友人で、離婚を経験した人は大樹の目線でしか、この映画を観ることが出来ないと言っていました。僕の周りでは、こはる、お母さんの目線の人も多かった。そういう方は“痛いほど気持ちがわかる。子どもたちはどうしてわかってあげないんだ”とおっしゃっていて。無論、雄二や園子の視点で観る人もいます。そういう映画ですよね。完全に分かり合うことは出来ないけれど、どこかつながっているのが家族なのかもしれないですね」

鈴木亮平『ひとよ』インタビュー「どこかでつながっているのが家族なのかもしれない」


『ひとよ』
全国公開中

撮影/奥田耕平、取材・文/藤谷千明

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.