くらし情報『ワインの正しい注ぎ方!持ち方や注ぐ量・ラベルはどうする?』

2018年9月25日 18:21

ワインの正しい注ぎ方!持ち方や注ぐ量・ラベルはどうする?


ワインを注ぐとき、ボトルの持ち方や注ぐ量、ラベルの見え方などにもマナーがあります。ワインの正しい注ぎ方を動画でわかりやすくご紹介。正しい注ぎ方のポイントをおさえて、さらにワインを楽しみましょう。

ワインの正しい注ぎ方をマスターしよう

ワインの正しい注ぎ方!持ち方や注ぐ量・ラベルはどうする?

ワインには正しい注ぎ方があります。しかし、ワインが好きで良く飲むという人でも、意外と正しい方法を知らないという人も多いのではないでしょうか。また普段からワインを飲む習慣がない人にとっては、いざというシーンが来ると慌ててしまうものです。

そこで今回は、ワインの上手な注ぎ方について詳しくまとめました。正しい方法をマスターして、友人やパートナーの前でスマートに決めてみませんか。

ワインボトルの持ち方と注ぎ方

ワインの正しい注ぎ方!持ち方や注ぐ量・ラベルはどうする?

まずはワインボトルの持ち方です。レストランやバーでは、ソムリエや店員が片手でボトルを持って注いでくれるシーンをよく目にしますが、片手で注がなければいけないという決まりはありません。重要なのはワインをこぼしてしまわないことです。

ボトルの底付近を片手でしっかりと持ち、もう一方の手で下側を支えるように持つのがスマートな持ち方とされています。ワインのラベルは相手に見えるように上向きにし、静かにグラスへと注いでいきましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.