くらし情報『『え!?ほんとに大丈夫?』雨でも雪でも腐らない…!ウッドデッキ見てみない?』

2020年1月28日 18:03

『え!?ほんとに大丈夫?』雨でも雪でも腐らない…!ウッドデッキ見てみない?

激しい雨や台風、思いがけない積雪など、日本全体で気候の変動が激しくなっています。家族でくつろげるおしゃれなウッドデッキを作りたいけれど「豪雨での浸水が心配……」「積雪の多い地域だけど、雪の重みに耐えられるの?」と、不安もありますよね。様々な地域の生活形態に対応できる『彩木(あやぎ)』ウッドデッキの特徴をご紹介します。

寒い時に腰かけてもお尻が冷たくない?

目次

・寒い時に腰かけてもお尻が冷たくない?
・積雪地帯でも活躍する彩木ウッドデッキ
・全国各地の気候条件に適合する彩木
『え!?ほんとに大丈夫?』雨でも雪でも腐らない…!ウッドデッキ見てみない?


東北地域での話です。寒い時期に行われた彩木ウッドデッキの施工現場で、時々、現場の作業員さんから「彩木ウッドデッキに腰を掛けてもお尻が冷たくない」という感想が聞かれます。これは彩木のどういう特性が関係しているのでしょうか。

熱伝導率の低い彩木彩木ウッドデッキの熱伝導率の低さが、もっとも大きな要因であると考えられます。彩木の熱伝導率はアルミと比べると非常に低く、天然木の数値と同程度です。熱伝導率が低い物質は熱移動量が少なく、熱を溜めにくく、外気の影響を受けにくいという特性があります。このため冬場の寒い時期でも、外気と同じように表面温度が下がることはなく、彩木に触れても冷たさは感じにくくなります。

凍結による割れも起こりません
『え!?ほんとに大丈夫?』雨でも雪でも腐らない…!ウッドデッキ見てみない?


寒い冬場でも暖かな印象を持つ点は彩木ウッドデッキのメリットの一つでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.