くらし情報『専業主婦? それとも共働き? 世の男性が考える理想の夫婦像とは?』

専業主婦? それとも共働き? 世の男性が考える理想の夫婦像とは?

2018年3月6日 06:00
 

関連リンク

・津川雅彦、妻・朝丘雪路さんの死去受け会見「大丈夫じゃないね」
・誕生日にファミレス、初デートで居酒屋はダメ! “原石くん” を磨けない婚活女性
・アイビー茜の今週のBeauty占い(5月21日〜5月27日)
専業主婦? それとも共働き? 世の男性が考える理想の夫婦像とは?

昔は「男が仕事をして、女が家庭を守る」なんて考え方もありました。でもいまは、女性の社会進出に注目が集まり、ママが働いていることは珍しいことではありません。とはいえ、男性の本音はどうなのでしょうか?自分のパートナーには仕事をしてもらいたい?それとも家庭を守ってもらいたい?

専業主婦よりも共働きを支持する男性が多い

仕事をしてキャリアを積みたい。老後のために貯金をしたい。または、仕事はせずに専業主婦として夫をサポートしたり、育児に専念したいなど、女性側の考えも気になるところではありますが、今回は男性の考えに注目!本音を探ったところ、恋愛・婚活のマッチングサービスアプリ「pairs(ペアーズ)」を運営する株式会社エウレカが、2015年10月に同サービスに登録している全国の男性会員2669名を対象に実施したアンケート調査を発見。結婚する妻には、「専業主婦」と「共働き」どちらを希望するか質問したところ、結果は以下の通りに。

1位:こだわらない(61.5%)
2位:共働き(35.1%)
3位:専業主婦(3.4%)

1位の「こだわらない」をいったん除外すると、「専業主婦」よりも「共働き」を望む男性が圧倒的に多いことがわかります。結婚して将来子どもが生まれれば教育費がかかったり、自分たちの老後のことを考えると、少しでも貯金を増やしておきたい。そんなとき、妻にも仕事をしてもらい、2人で家計を築きたいというのが、男性の本音かもしれません。

一方で「専業主婦」を望む男性がいるのも事実。2人で仕事をするよりも掃除や洗濯、毎日の食事の用意など、仕事をする自分をサポートしてもらいたいと考えている人もいるようです。

とはいえ、今回のアンケート結果の大多数を占めているのは、「こだわらない」で約6割。「専業主婦」になるか「共働き」になるのかは、自分と相手の状況や希望などをじっくり相談して、2人の理想的な夫婦像に近づけたいと考える男性がもっとも多そうです。

専業主婦といっても「家事だけ」、「家事、育児」、「家事、育児、介護」など、いろいろ。もちろん、共働きも「正社員勤務」や「パート勤務」など、さまざまな働き方があるので、一概にどちらがいいとは言いづらいかもしれませんが、みなさんは「専業主婦」と「共働き」、どちらがいいと思いますか?
(文・山手チカコ/考務店)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.