くらし情報『「がん保険」の「一時金」を考える』

2018年12月11日 22:00

「がん保険」の「一時金」を考える

目次

・保障内容と保障金額から商品をとらえ直す
・まとめ
「がん保険」の「一時金」を考える


初めて日本でがん保険が発売されてから40年以上が経過しました。以来、がん治療の発展とともに、がん保険を取り扱う保険会社も増え、商品も変化し続けて今日に至っています。様々ながん治療が増加するにしたがって、がん保険の保障内容も広がってきたといえるでしょう。

一方でそうした保障の広がりには大きな注意点があります。今回はその注意点をがん保障の「一時金」というキーワードとともに、わかりやすく説明していきたいと思います。

保障内容と保障金額から商品をとらえ直す

がんのための経済的保障をしてくれるのが「がん保険」です。では「がん保険」とは、具体的に、どのような場合に、どれぐらいの金額を保障してくれる商品なのでしょうか?

  • どのような場合に支払われるのか = 保障内容
  • どれぐらいの金額が支払われるのか = 保障額
がん保険の商品は、この保障内容と、保障額で構成されているのです。

そして、生命保険の商品でいうところの「一時金」というのは、保障額に関する言葉です。

100万円以上のまとまった金額のお支払いのことを生命保険では「一時金」と呼ぶことが多いです。では100万円に満たない支払いの金額をどのように呼ぶかというと給付金と呼ぶことが多いです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.