くらし情報『知らないと損する?投資で確定申告が必要な場合と不要な場合とは?』

2018年12月20日 20:00

知らないと損する?投資で確定申告が必要な場合と不要な場合とは?

目次

・確定申告の基礎知識
・投資で確定申告が不要な場合
・投資で確定申告が必要な場合
・確定申告した方が良い場合
・まとめ:これから投資する人は「源泉徴収あり」の特定口座がベター
知らないと損する?投資で確定申告が必要な場合と不要な場合とは?


医療費控除や住宅ローン控除等で確定申告を経験している人も多いのではないでしょうか。実は投資で利益が発生した場合も基本的には確定申告が必要になります。

ただし、例外的に手続きが不要になる場合もあり、それぞれの状況に応じて判断することが重要です。

また、万が一、確定申告が必要にもかかわらず申告を怠ってしまうと加算税や延滞税のペナルティが発生する可能性もあり、投資を行う上で確定申告に関する知識は必要不可欠と言えるでしょう。

そこで今回は、投資に関わる確定申告の基本的な内容について解説します。

確定申告の基礎知識

確定申告とは、未払い分の税金がある場合には追加の支払いを行い、過払い分の税金がある場合には還付金を受け取るための手続きです。

確定申告を行うことで税金が少なくなることもあり、上手に利用すれば効果的に節税することもできます。

まずは、確定申告の基本的な内容を紹介します。

確定申告を行ったことがある人にとっては当たり前の内容かもしれませんが、重要な内容ばかりなのでこの機会に再確認しておきましょう。

対象期間
確定申告の対象となる期間は、前年の1月1日〜12月31日までです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.