くらし情報『「安物買いの銭失い」にならないために。本当に賢いお金の使い方をFPが解説!』

2019年11月29日 20:00

「安物買いの銭失い」にならないために。本当に賢いお金の使い方をFPが解説!

目次

・「安物買いの銭失い」の読み方と意味について
・そんなふうに言われてしまう買い物をする心理とは?
・銭失いにならないための意思と行動
・まとめ:「安物買いの銭失い」は節約の大敵です
「安物買いの銭失い」にならないために。本当に賢いお金の使い方をFPが解説!


https://manetasu.jp

安いものを見つけて、つい買ってしまったことはありませんか?値段が安いと、反射的に手が伸びてしまうということは、普段節約を心がけているとかえってありがちではあります。

でも、買ってから後悔することもありますよね。よく考えてみたらそんなに必要じゃなかった、とかすぐに壊れて買い直さなくてはならなくなった、とかいうことがあると、「安物買いの銭失い」という言葉が脳裏に浮かんだりします。

ここでは、その言葉の解説やそういう事態に陥ってしまう心理、そうなってしまわないための方法について解説していきます。

「安物買いの銭失い」の読み方と意味について

「安物買いの銭失い」の読み方と意味について


この言葉は、たまに目にすることもありますが、あらためてその内容を問われると、あまりはっきりとはわからないかもしれません。そこで、まずは意味と内容から解説していくことにします。

「安物買いの銭失い」の読み方
まず、この言葉の読み方ですが、「やすものがいのぜにうしない」と読みます。「かい」ではなくて「がい」と読むことに注意しましょう。また、「せん」ではなく、訓読みで「ぜに」と読みます。

「安物買いの銭失い」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.