くらし情報『がん保険は掛け捨て型がいい?メリット・デメリット&選び方をFPが解説』

2020年3月17日 20:00

がん保険は掛け捨て型がいい?メリット・デメリット&選び方をFPが解説

目次

・現在、貯蓄(積立)型がん保険は少ない
・筆者がおすすめする掛け捨て型がん保険
・掛け捨て型がん保険についてのまとめ
がん保険は掛け捨て型がいい?メリット・デメリット&選び方をFPが解説


https://manetasu.jp

生命保険には「掛け捨て型」と「貯蓄(積立て)型」があり、がん保険にも当てはまります。「掛け捨てはもったいない」という考えの人も多いと思いますが、果たして掛け捨て型は損なのでしょうか。

今回は、がん保険において「掛け捨て型」と「貯蓄(積立て)型」のどちらを選べばいいか、を考えてみます。

現在、貯蓄(積立)型がん保険は少ない

現在、貯蓄(積立)型がん保険は少ない


国立がん研究センターがん対策情報センター「がん登録・統計」

女性は男性より罹患率は低いのですが、20歳を過ぎると乳がん、子宮がんに罹る人が増えてきます。男性は50歳を過ぎると急激にがんに罹る人が増える傾向にあります。男女ともに年齢が上がれば上がるほど、がんの罹患率が上がることがわかります。

今どきの、がん治療事情に合っているか
がんの治療事情も変化しています。以前は、入院して手術をする治療が主でしたが、今は抗がん剤や放射線治療を外来で受けることが多くなりました。

長らくがん保険の基本保障は入院給付金でしたが、今は診断給付金などの一時金や放射線や抗がん剤などの治療給付金に変わりつつあります。そうした今どきの、がんの治療事情に対応した保障内容になっているかも、がん保険選びの大きなポイントです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.