くらし情報『個人事業主が利用できる融資制度とは?事業資金調達をするための基礎知識をFPが解説』

2020年4月23日 14:00

個人事業主が利用できる融資制度とは?事業資金調達をするための基礎知識をFPが解説

目次

・個人事業で必要になる事業資金の目安
・おすすめの融資制度
・借入条件の注意点
・融資を受けやすくする方法
・個人事業主の融資に関するまとめ
個人事業主が利用できる融資制度とは?事業資金調達をするための基礎知識をFPが解説


https://manetasu.jp

個人事業主の方が新規事業を立ち上げる際に1つの課題となるのが、事業資金の調達です。個人事業主は法人に比べると融資が受けにくく審査が厳しいというイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

そこで本記事では、個人事業主が融資を利用する際のポイントや利用できる融資制度などについて詳しく解説します。

個人事業で必要になる事業資金の目安

個人事業で必要になる事業資金の目安


個人事業主として事業をするにあたり必要となる事業資金は、営もうとする事業体によって大きく異なります。ここでは、およその目安について解説したいと思います。

ネットを活用したビジネス
ネット通販やyoutuberなど、インターネット環境を活用したビジネスを行う場合、規模にもよりますが事業資金は比較的低く抑えられます。

最近では自宅を事務所として開業届を出す個人事業主の方も多いので、家賃というランニングコストがかからなければ、調達しなければならない事業資金は大幅に抑えられるのです。

目安としては、従業員等を雇用せずにフリーランス的な形で始めて徐々に拡大していくという場合であれば、50万円前後あれば十分でしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.