くらし情報『チャイルドシートの着用義務は何歳まで? 違反した場合はどうなるの?』

2018年6月7日 07:00

チャイルドシートの着用義務は何歳まで? 違反した場合はどうなるの?

目次

・着用義務は何歳から何歳まで?
・なぜ着用義務があるの?
・着用義務が免除されるパターン
チャイルドシートの着用義務は何歳まで?違反した場合はどうなるの?

赤ちゃんや子どもの安全を守るために必要なチャイルドシート。ドライバーには設置と着用が義務づけられていますが、「何歳まで着用させなければならないのか」や「違反した際の罰則」はご存知ですか?

今回は、着用義務が発生する年齢や違反時の罰則、着用義務が免除される場合など、チャイルドシートの着用義務についてご紹介します。

着用義務は何歳から何歳まで?

チャイルドシートの着用が義務づけられるのは、新生児から6歳未満までと法律によって定められています。「6歳未満」なので、着用させなければならないのは5歳まで。

とはいえ、同じ6歳でも身体的な発達には個人差があるもの。チャイルドシートに座らないのなら、大人と同様にシートベルトを締めなければなりません。

確認が必要なのは、子どもが大人用のシートベルトを正しく着用できる体型かということ。

目安として、子どもの身長があります。一般的に、シートベルトは身長が約135~140㎝以上の体に合うように作られています。これは、多くの6歳児にはまだ大きいのではないでしょうか。

シートベルトが体に合ってないと、事故が起こったときに首の骨折や内臓へのダメージなど、重体に陥ってしまう恐れも。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.