くらし情報『共働き夫婦の世帯年収は平均どのくらい? 年収別の家計簿内訳』

2018年5月14日 10:00

共働き夫婦の世帯年収は平均どのくらい? 年収別の家計簿内訳

夫婦2人で割ると300万ずつ、手取り年収としてはおよそ480万円の月40万円ほど。

毎月の家計内訳

  • 住宅:12万円
  • 生活費(保険・小遣い等含む):24万円
  • 貯金:4万円
年収600万円で住宅ローンを借りようとすると、毎月約7万5千円の返済(35年ローン)で3,000万円ほど借りられると言われています。

年収700万円の場合
厚生労働省の「平成28年国民生活基礎調査の概況」によると、児童のいる世帯の平均所得金額は707万8千円なのだとか。子育てにお金が掛かるということで共働き世帯が多いのと、晩婚化により30代後半など所得が増えた世代が多いのだと考えられます。

夫婦2人で割ると350万ずつ。手取り年収としてはおよそ560万円の月手取り46万円くらいになります。

毎月の家計内訳

  • 住宅:13万8千円
  • 生活費(保険・小遣い等含む):27万6千円
  • 貯金:4万6千円
年収700万円で住宅ローンを借りようとすると、毎月8万5千円の返済(35年ローン)で3,500万円ほど借りられると言われています。

年収800万円の場合
1人で年収800万円を稼ぐ人は国税庁の調査によると2.7%ほどしかいません。ただ、夫婦2人で考えると1人400万ずつなので、共働き夫婦の世帯年収としては30代の平均程度。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.