くらし情報『20代夫婦の平均貯金額はいくら? 専業・共働き別の理想の貯金額とは』

2018年9月1日 07:00

20代夫婦の平均貯金額はいくら? 専業・共働き別の理想の貯金額とは

目次

・20代の平均年収は?
・手取りから貯金に回すお金の割合は?
・20代世帯の平均貯金額は212万円
20代夫婦の平均貯金額はいくら?専業・共働き別の理想の貯金額とは

働き始めて10年以内の20代。結婚して夫婦ふたりの生活になり、初めての出産や子育てを経験するなど、毎日がめまぐるしく変化していきます。独身時代とは違ったお金のかかりかたに戸惑うことも少なくないでしょう。

では、20代夫婦はどのくらい貯金をしていれば困らないのでしょうか。平均年収と貯金額を見てみましょう。

20代の平均年収は?

20代の平均年収は346万円。20代男性の平均が365万円、20代女性の平均が319万円となっていて、男女で約50万円の差が出ています。

年齢別に見てみると以下のとおり。

  • 20歳:277万円(男性:308万円女性:248万円)
  • 23歳:293万円(男性:305万円女性:280万円)
  • 26歳:360万円(男性:376万円女性:338万円)
  • 29歳:402万円(男性:425万円女性:359万円)
20代前半と後半で比較すると、約40%の昇給があるようです。また、男女間の差も前半よりも後半のほうが大きくなっています。20代後半になると、出産などで仕事を休む女性も出てくることが、その理由かもしれません。

20代夫婦の世帯年収は?
次は、20代夫婦の世帯年収についてです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.