くらし情報『産地とつながる食のイベント【東京ハーヴェスト2019】会場レポート』

2019年10月30日 06:55

産地とつながる食のイベント【東京ハーヴェスト2019】会場レポート

【フルーツほおずき】早野ファームHPはこちらから

国内生産量わずか1%未満!希少な和牛・短角牛

産地とつながる食のイベント【東京ハーヴェスト2019】会場レポート


和牛と言えばやはり黒毛和牛が有名ですが、ほかにも「日本短角種」「褐毛和種」「無角和種」と4種類の和牛がいます。そのうち、東北地方や北海道を中心に飼育されている「日本短角種(短角牛)」は、国内和牛流通において年間1%程のシェアしかない希少種。

”幻”と称されることもある和牛を、会場では串焼きに。
サシ(脂肪)の多い和牛と比べて、赤身肉の短角牛はしっかりとした噛みごたえのあるタンパクでヘルシーな味わい。噛めば噛むほど肉の味が伝わってきます。

スーパーなどでは流通していないため、食べられるのは限られた場所でのみ。
都内で短角牛が食べられるレストランもありますが、次回ぜひ東京ハーヴェストで生産者の声を聞きながら味わってほしいです。

【山形村短角牛】ポータルサイトはこちらから

三陸の海藻を使ったワッフルで新しい食の可能性を考える

産地とつながる食のイベント【東京ハーヴェスト2019】会場レポート


「三陸×ふくしまプライド食堂」のキッチンカー前には巨大ワカメの実物展示がありました。
身長161cmの筆者を優に超える背丈のワカメ…こんなサイズ感の海藻が海の中で生息しているんだなぁと不思議な気持ちでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.