くらし情報『ほんのり心が温かい、ずっと「つづく」が大切と思った美術展 【ミナ ペルホネン/皆川明】と【ハマスホイとデンマーク絵画】』

2020年2月22日 11:55

ほんのり心が温かい、ずっと「つづく」が大切と思った美術展 【ミナ ペルホネン/皆川明】と【ハマスホイとデンマーク絵画】

今年は、美術展や写真展へ足を運ぼうと思っています。現在開催中のふたつの素敵な美術展をご紹介します。両者に共通するキーワードは「北欧」。北欧というと、夏が短くて、白夜が続き、女性が働きやすい国、そんなイメージがありました。日本で身近に感じる北欧は、IKEAで、あのカラフルな色彩感も北欧のイメージになってきています。また、北欧のライフスタイルを表す言葉として「ヒュッゲ」という言葉も耳にすることがあります。

「ヒュッゲ(HYGGE)」とは、デンマーク語で「あたたかく、快適で、安全と感じる心地よさの品質」を表し、それは、家族と一緒に家で過ごす時間などからくるもの、ということです。(ケンブリッジ・ディクショナリより)IKEAに行って感じる、心地よさ、とわたしは理解しています。そんなイメージを持っている北欧に関連する美術展、デザイナー皆川明さんの展覧会「ミナ ペルホネン/皆川明つづく」と明るいイメージとは少し違う暗く落ち着いた色調の絵画の展覧会「ハマスホイとデンマーク絵画」を観賞してきました。

ミナ ペルホネン/皆川明つづく
ほんのり心が温かい、ずっと「つづく」が大切と思った美術展 【ミナ ペルホネン/皆川明】と【ハマスホイとデンマーク絵画】


会場に入ると、まず目にしたのがこちら。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.