くらし情報『ニューヨークの観客に認められた意欲作『金閣寺』が堂々凱旋!』

2012年1月20日 16:30

ニューヨークの観客に認められた意欲作『金閣寺』が堂々凱旋!

ニューヨークの観客に認められた意欲作『金閣寺』が堂々凱旋!
KAAT神奈川芸術劇場のこけら落としとして昨年1月に初演された、三島由紀夫原作、宮本亜門(同劇場の芸術監督)演出の『金閣寺』。現在、“凱旋公演”として大阪・梅田芸術劇場で上演中だ。世界各国から厳選されたパフォーマンスが集まる“リンカーンセンター・フェスティバル2011”に招待され、昨年7月に同キャストでニューヨーク公演を行った本作。ホーメイ(のどを詰めた発声から生じる独特の歌唱法)歌手の山川冬樹や舞踏の大駱駝艦のメンバーが参加し、身体、声、映像で多層的に表現した舞台は、“Fusion Theater(融合劇)”として高く評価された。「言葉を超えたところで感じてもらえるこの作品の強みが改めてわかって自信になりました。日本とは全然違うところでリアクションが来たりするのも楽しかった」と、出演者のひとり、大東俊介は振り返る。その『金閣寺』が約1年ぶりに日本の観客の前に姿を現す凱旋公演に向け大詰めの稽古場で、通し稽古を見学した。

『金閣寺』チケット情報

1年前の初演以来、数多く顔を合わせているはずのカンパニーだが、馴れ合いすぎた空気はなく、ほど良い緊張感に包まれている。大東も、「緊張感が一番大事ですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.