くらし情報『42歳の初主役、マウンドに立つ。キャラメルボックス『エンジェルボール』開幕』

2018年7月9日 17:30

42歳の初主役、マウンドに立つ。キャラメルボックス『エンジェルボール』開幕

キャラメルボックス「エンジェルボール」 撮影:伊東和則

キャラメルボックス「エンジェルボール」 撮影:伊東和則


演劇でも野球でも、とかく若さあふれる“ルーキー”が話題になりがちなのは定石。しかし、劇団入団18年目の俳優が42歳にして初主演、しかも「42歳でプロデビューした野球選手」の役で!そんな注目作、演劇集団キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』が7月6日、東京・サンシャイン劇場で開幕した。

【チケット情報はこちら】

この作品は、飛騨俊吾の長編小説が原作。広島県尾道市因島に住む41歳の長距離トラック運転手・寺谷和章は、バツイチで小学生の息子たちと3人暮らし。ある夜、自動車にはねられて海に転落するが、目の前に現れた天使から“思い通りの球を投げる能力=エンジェルボール”を授けられる。寺谷は子供のころからファンだったプロ野球チーム・広島シャークに入団を決意し……というストーリー。

最大の見どころは、今回主演をつとめた三浦剛の存在感だろう。入団18年目、これまではバイプレーヤーとして劇世界を支える側だった彼を、今作で初主役に抜擢した一見大胆なキャスティング。でも初めてキャラメル作品を見る人でも、その理由は舞台を観たら納得する。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.