くらし情報『緊迫の心理戦を劇場公演&VR配信で、加藤和樹×松岡充『Defiled』レポート』

2020年7月14日 15:00

緊迫の心理戦を劇場公演&VR配信で、加藤和樹×松岡充『Defiled』レポート

収録されたVR映像は、劇場公演の数日後に動画配信サービス・Blinkyから視聴できる。

取材日は、犯人ハリー・メンデルソンを加藤、刑事ブライアン・ディッキーを松岡が演じた。目録カードに代わってコンピューターの検索システムが導入されることに反対する図書館員のハリーは、建物の爆破を予告して立てこもる。交渉にやって来たブライアンは、巧みな話術でハリーの胸襟を開こうとするが……。

テクノロジー偏重の社会に強烈な問いを投げかけるハリー。理性と狂気を持ち合わせた犯人のキャラクターを、加藤は緩急あふれる骨太な演技で立ち上げる。対する松岡は、座る体勢や向きを頻繁に変える、ハリーの独白中に台本から顔を上げて表情をつくるなど、セリフに起こされない“オフ芝居”で人情味あふれるブライアン像を造形した。緊迫した心理戦から2人に芽生える関係性に注目したい。

上演時間は約70分(休憩なし)。東京公演は8月2日(日)まで。その後、大阪公演が8日(土)~10日(月・祝)に行われる。キャストの出演スケジュールとVR映像の配信日程は、チケットぴあの販売ページで確認を。なおVR映像はヘッドマウントディスプレイや専用ゴーグルがない場合でも、「2Dモード」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.