くらし情報『大地震、台風…。防災への意識は地域・世代でこんなに違った!』

2018年9月8日 21:30

大地震、台風…。防災への意識は地域・世代でこんなに違った!

0.9%と続きました。
台風

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

■ 地震、豪雨、豪雪…。備えが必要と感じる災害には地域差が!

アンケート


このアンケートをエリア別に見てみると、「地震」を身近な脅威とする意識が最も高かったのは、「関東」の86.6%。次いで「近畿」の76.9%、「東海」75.6%の順となりました。
大地震

hashisatochan / PIXTA(ピクスタ)

30年以上の発生確率が70%以上と言われている南海トラフ地震や、首都直下地震への懸念、また、今年6月に発生した大阪府北部地震などに関連するエリアが上位に挙がっています。

一方、地震を脅威と感じる割合が最も低かったのは「九州・沖縄」の41.6%。九州地方は2016年に熊本地震で甚大な被害を受けていますが、台風や豪雨などの災害も多く、また「沖縄」も含まれるため、このような結果となったようです。「中国地方」は、「豪雨・洪水」が全エリア中で最も高く、8.8%。
洪水

gengorou_h / PIXTA(ピクスタ)

中国地方は特に、今年7月の西日本豪雨災害の被害が大きく、土砂災害や河川の氾濫時に対する対策強化も急務であると痛感させられました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.