くらし情報『大地震、台風…。防災への意識は地域・世代でこんなに違った!』

2018年9月8日 21:30

大地震、台風…。防災への意識は地域・世代でこんなに違った!

「豪雪」に関しては「北陸」18.2%、「東北」10.8%、「北海道」10.6%、「甲信越」4.8%であり、その他のエリアは0%〜1%台と低く、限定的なものであることが分かります。
豪雪

Anesthesia / PIXTA(ピクスタ)

■ 防災グッズを備蓄している人は5割以下!若年層ほど備蓄していない

災害時に備えて、自宅で防災用品や生活必需品を備蓄している人の割合はどのくらいなのでしょうか?

アンケート


「備蓄していない」52.4%、「備蓄している」47.6%という結果でした。
防災グッズ

@yume / PIXTA(ピクスタ)

「備蓄している」人は半数に満たない結果となり、2016年に実施したアンケートと比較するとわずか2.6%しか増加していないようです。

アンケート


また、災害時用に備蓄しているものを年代別にみてみると、若年層と中高齢層での数値の開きが大きい防災用品が目立ちます。

例えば「ランタン・懐中電灯・ローソク」は、最も数値が高かったのが70代以上男性の81.9%であるのに対し、最も低い30代男性の41.2%とは40.7もの差がありました。
懐中電灯ローソク

hungryworks / PIXTA(ピクスタ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.