くらし情報『災害時でも美味しいご飯が食べられる「サバ・メシ」って?』

2018年9月15日 11:50

災害時でも美味しいご飯が食べられる「サバ・メシ」って?

9月に入り立て続けに台風21号、北海道地震と大きな災害が発生しました。

どこに住んでいても災害に遭うことを覚悟し、日頃の備えが必須であると痛感しています。

ただ備えるといっても、何から準備すれば良いのか迷いますよね。

北海道地震では大停電によって日常生活がまったく送れないという非常事態になりました。特に食料の確保はかなり大変だったようです。

そこで今回は、非常食に役立つ「サバ・メシ」「ローリングストック」の2つをご紹介します。

■ 災害時でも美味しいご飯が食べられる「サバ・メシ」って?

「サバ・メシ」とは、サバイバル飯の略で災害時に水、電気、ガスのライフラインが寸断されたときでも作れる食事のことです。

サバ・メシ


先日、自治会の防災訓練時にビニール袋を使ったご飯の炊き方を教えてもらったので実際に家で作ってみました。

その作り方をご紹介いたします。
1.ビニール袋の中に米と水を入れる
水の分量はお米の1.1~1.2倍(お米が100gなら水は110~120ml)です。この状態で浸水させます。

サバ・メシ

2.水を沸騰させ、鍋に入れる
水を沸騰させた鍋の中に1で触れた米と水を入れたビニール袋を入れ、30分間煮ます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.